勝てるチーム作り

【草野球】チームを潰す監督・代表のパターン3つ

 

おはこんばんにちは!!

 

 

どうも皆さん

草野球ライフ、楽しんでますか?

 

毎週、気の合う仲間と白球を追いかけるのは

ほんとに良いものですよね。

 

 

それでも草野球チームは

いずれ無くなったり潰れたりするもの。

 

皆さんには1日も長く草野球を続けてほしいと思います

 

そこで今回は「チームを潰す代表者」

 

3パターン見ていこうと思います!

 

 

 

チームを潰す代表者ベスト3

俺がNo1!独裁者系代表者

 

今まで潰れていった草野球チームを見てきて

一番多いのがこのパターン。

 

学生時代の実力者が

「草野球やろうぜ!!」

と、鶴の一声で始めたチームに多いですが

 

 

創設当初は抜群のカリスマ性と勢いで

グングン実力をつけていきます

 

そして、ある程度チームが固まってくると

このパターンの代表者は

 

「めちゃくちゃ鼻が高くなります。」(笑)

 

 

僕が知ってるあるチームの代表者は

 

  1. 若い子がエラーしたら罵倒
  2. 自分はグラウンド整備をせずにタバコ
  3. ミーティングは自分ばかり話す
  4. オーダーは自分一人で全て決める

 

 

個人的には2番が最悪だと思うんですが。

この独裁者系の代表者は

野球の実力が落ちた時点でメンバーが離れていきます。

 

 

皆がこのタイプの代表についていくのは

「本人が野球がうまい」 が理由だったりします。

 

人間ですから年齢を重ねれば野球の実力も落ちていきます。

 

こうして、思うような結果が出ない時

代表者本人に魅力が無くなり始めた段階で

 

チームは崩壊へ一直線に向かっていきます。

 

 

戦力補強大好き!「ナベツネ系」代表者

 

 

次にやっちゃいがちなのがこれ。

 

学校の友達・サークルの仲間うち・職場の同僚

 

いろんなパターンからできる草野球チームですが

段々と試合を重ねるにつれて

チームとしての実力が上がっていきます。

 

 

勝つこともあればもちろん負けることもあるんですが

代表者としてはこの段階でどうしても欲が出てきてしまいますよね。

 

 

そこで知り合いをつたって

弱いポジションを補強し始めます。

 

補強したポジションが単に人数不足なら問題ないですが

メンバーがいるのにガンガン補強してしまうとこれは大問題。

 

せっかく今まで一緒にやってきたメンバーが

ぽつぽつと辞めてしまう原因になってしまいます。

 

 

草野球で一番怖いのが「人数不足」

 

今までチームを底支えしてきたメンバーが

軽々しい補強で退団してしまうのは本当に危ないですよ

 

 

草野球の鉄則は「出席するやつが一番偉い」です

 

ここを忘れず、うまく補強していきたいですね。

 

 

皆に任せすぎる。決められない代表者

  • オーダーを決めるのはみんなの意見を聞いてから
  • 会費や運営方針もみんなに意見次第

 

なんとなくみんなの意見を聞くことで

良い運営者と言うイメージが湧くかと思いますが

 

これはチームが壁に当たった時に

大きなトラブルを巻き起こす可能性があります。

 

「みんなの意見を参考にする」と言うのは

「自分の意見を後回しにする」と言う事になりかねない。

 

 

  • どうしても大会で勝てない時
  • 「楽しみ優先」「勝利優先」か迷った時

 

こんな風に、チーム全体に関わる問題が発生した時

どんな意見であれ代表者の意見が最優先されるべきですから

普段からあまりに周りの言う事を聞きすぎると

いざと言う時「こういう時だけ自分を優先する」と

思われてしまいます。

 

 

草野球は「マネジメント」も勉強できる!

 

ここまで見てもらった通り。

意外と奥が深いのが草野球

 

 

たかが趣味となめていると

人間関係も含めて痛い目にあったりします。

 

 

 

  • 自分より実力の無い先輩との関わり方
  • 自分より実力のある後輩との関わり方
  • 目標設定の方法
  • 組織作り
  • モチベーション管理

などなど…

 

 

他にもたくさんあります

 

 

好きな野球をやりながらマネジメントも学べる

 

 

みなさんもチーム運営を通して

より良い草野球ライフを送ってもらえたらと思います!

 

 

 

 

広告

-勝てるチーム作り

Copyright© 草野球で勝てるブログ! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.