勝てるメンタル作り!

【勝負強い!】ピンチ・チャンスに強くなる方法!〇〇と勝負してはダメ!

いつもピンチになると打たれてしまう

チャンスになるといつものスイングができない…

 

草野球に限らずこんな風な悩みを抱える選手は多いのではないでしょうか。

 

僕も学生時代120人を超える野球部でプレーしていた際は

いつもそんな事を考えてプレーしていました…

 

ただ、今こうして草野球をプレーして

ある程度、実力の高い選手たちとプレーする中で感じるのは

「あぁ…、そんなんじゃ結果は出ないよなぁ…。」

と、感じる事ばかり。笑

最後にレギュラーを取り切れなかったのは当たり前と言えば当たり前だったなと感じています。

そこで今日は!

そんな「勝負所に弱い」選手の方へ向けて!

僕がこれまでの野球人生で感じた事を元にアドバイスをさせてもらえたらなと思います!

 

「打てなかったらどうしよう」「打たれたらどうしよう」

 

あぁー、チャンスだ…打てなかったらどうしよう…

 

やっべ!ピンチになったけど…抑えられるかな…

 

こんな風に考える選手。

 

断言しておきます。

 

「間違いなく打てません(抑えられません)!!」

 

 

これは、冷静に考えればそうなんですが。

プロ野球・社会人野球・甲子園…

 

あらゆるトップクラスのプレーヤーはピンチの場面やチャンスの場面で
こんな事は考えないでしょう。

では、結果が出ない人はなぜこのように考えてしまうのか…

理由は「戦っている相手が違う」ということになります。

 

 

 

試合中に誰と戦っていますか?

試合中、あなたは誰と戦っていますか…?

 

そう質問された時に

あなたはなんと答えますか…?

 

もちろん相手投手(相手バッター)だよ!!!

 

そう答えるでしょう。

でも本当にそうでしょうか…?

ここで失敗したらみんなに何て言われるだろうか?

打てなかったらヤバいなぁ…

ストライク入るかな…

 

こんなこと、考えてませんか…?

 

その時点で

戦っているのは相手チームではなく自分になるんですね!

だって、そうでしょう。

「相手をどう抑えるか?」

は、相手に向かってベクトルが向いていますが

「抑えられるかな?」

は、自分にベクトルが向いていますよね?

 

この時点で相手との勝負にはなってないんです。

 

相手と勝負せずに自分と勝負するばかり…

これでは試合になりませんよね…。

結果を残してるやつは「相手と戦ってる」

 

僕が草野球を始めて驚いたのは

学生時代にレギュラーだったやつは常に相手と戦っている

と、いうこと。

どんなに弱い高校でも、どんな立場でも。

レギュラーで活躍していたやつは必ず相手と戦っていました。

 

僕は、腐っても県内では強豪と言われる野球部にいましたが

戦っていたのはチーム内のライバルであり監督の評価でした。

 

でもそれでは絶対に相手には勝てない。

 

なぜなら戦っているのがいつも自分だから。

 

一度でもレギュラーを掴んだ人間は、その時点で戦いの目線が相手チームになっていたんですね。

 

 

これが、草野球をして、色んな選手とプレーしていて一番感じた事でした。

 

 

他に考えるべきことがある

 

「打てなかったら…」「ダメだったら…」

そう考えてしまう気持はよくわかります。

でも、グラウンドでプレーする・相手と対峙する。

その時点で他に考えることは山のようにあります。

  • 狙い球は何なのか?
  • 配球の傾向はなんなのか?
  • 相手のポジショニングは?
  • 相手投手の心理は?

などなど…

野球は考えなくてはいけない事がたくさん。

自分の評価の心配をしている場合じゃないんですね。笑

 

戦うのはあくまで相手。

自分の評価は二の次です。
(結果を残すと言う事とは矛盾しますが…)

その中で、どうしても自分の立ち位置や結果・評価が気になると思いますが

それを気にしてはあなたのポテンシャルは発揮できません。

良い結果を残したいなら常に相手と戦う。

やはり、これが鉄則になります。

 

もしあなたがピンチに弱い・チャンスに弱いのであれば…

自分の気持ちは一旦置いておく。

この辺りを意識して試合に臨んてみてはいかがでしょうか?

 

広告

-勝てるメンタル作り!

Copyright© 草野球で勝てるブログ! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.