勝てるピッチングテクニック

サイドスロー転向してわかった!オーバースローとの違いとメリット・デメリットまとめ!


僕が草野球チームで投手を務めてはや7年。


ちなみに学生時代は9ポジション全てを務めた事もありますが


やっぱりピッチャーが一番楽しいですね!




チームが弱い時から、長くマウンドを任せてもらっていますが


しばらくは一般的な上手投げ・オーバースローで投げていましたが


ある日メンバーから

「なんか、サイドスローの方が似合うんじゃない?」

と、言われまして




2013年~2017年頃まで投げていたオーバースローから



2018年からはサイドスローに転向しました!





結果的には、サイドスローの方が成績が向上したわけですが


なぜそうなったのでしょうか?


実際にオーバー→サイドに転向した感想やメリット・デメリットを僕なりにまとめてみましたので


ピッチングフォームに悩んでいる方の役に立てば幸いです!


 

サイドスローに転向したことによるメリット!

スライダーの切れが良くなった

まずこれが第一ですね!

やっぱり横手から投げる効果の最大のメリットかもしれませんね


上からスライダーを投げるときは

「縦に切るように」

と、よく言われますが

これがいつまでもどうしてもつかめなかった。



上手投げの時はよくスライダーを痛打されていました。笑


ところがサイドスローにするとスライダーの切れが激増!


今では立派な決め球として重宝しています!

 

ストライクゾーンを幅広く使えるようになった


サイドスローにすると当然腕が横から出てくるわけですが


高さを意識させるよりも自然と横幅を意識させるピッチングをするようになります!



僕の持ち球がストレートとスライダー・ツーシームと言うのもありますが

インコースを突いて外のスライダーで仕留める

と言うピッチングが完成しました!


低めへのコントロールが向上した


これが意外なメリットでしたね!


サイドスローにすることで

一番不安だったのが「きっちりコントロールできるのか?」


と、言うところでしたが


左右のコントロールもそうですが

腰から下へ、低めのコントロールが明らかに向上しました!


出てくる腕が肩から上じゃなくて腰のあたりから出てきますから


冷静に考えればそうなんですが


低めへのコントロールが簡単になり


一発長打・痛打されることが激減しました!

 

サイドスローに転向したことによるデメリット

球速が落ちた


元々、予想はしていましたが

明らかに球速は落ちましたね。



一部の選手はサイドスローにすることで球速が増す方もいらっしゃいますが


僕の場合は球速が明らかに低下。


まぁ、それ以上に変化球・コントロールとピッチングの質自体が向上したため

成績は伸びたわけですが。


「ストレートで気持ちいい空振り」

が、捕れなくなったのはさみしいですね…

 

縦のカーブが使えなくなった


オーバースローで投げていた時


ストレートとスライダー

そして僕の最大の持ち味が「縦のカーブ」だったんですね

これが中々好きな球種だったんですが

このボールが全く投げられなくなった。



体が縦振りだったから投げられたボールでしたが


残念ながらこのボールは封印。笑


今では全く使っていません。

 

見た目が好みじゃない。笑


最後はこれ!


まぁ、かっこよくはないかなと思います。笑


やっぱりオーバースローの方が見た目もかっこいいし


プロ野球でも球界を代表するエースはオーバースローが多いですよね!!


中々ビジュアルとしては今一ですが


成績が向上すれば言うことはないでしょう!笑


フォーム変更した感想と違いまとめ!

サイドスロー転向まとめ!

・サイドスローはコントロール向上・変化球の質が変わる!
(良くも悪くも)

・ストライクゾーンを幅広く使える!

・オーバースローよりも球速が落ちる?
(個人差あり)

・見た目の好みが分かれる


以上がオーバースローからサイドスローに転向した感想まとめですね!




まぁ、僕自身は何度も言うように成績が飛躍的に向上したので


サイドスロー転向に関しては全く後悔していませんが


人によっては「失敗」の可能性もあるので安易に転向する前に

じっくり考えてみるのも一つかもしれませんね。


自分の限界、ピッチングの限界を感じている方の一つの参考になれば幸いです!

-勝てるピッチングテクニック

Copyright© 草野球で勝てるブログ! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.