草野球チームを作ろう!

【草野球チームを作る!】連盟の登録方法や大会の種類!参加の仕方まとめ!

なんだか野球がしたくなってきたなぁ。

仲のいい皆で野球チームを作りたい!


学生時代に野球を経験した方

素人だけど野球をしたい方

理由は様々あれど

「草野球チームを作ってみたい!」

と言う方、意外とたくさんいらっしゃるんではないでしょうか?



今回はそんな方向けに

  • 草野球チームを作る方法
  • 参加できる大会の種類
  • 「軟式野球連盟」への登録の仕方


などなど、気になる情報をまとめてみました!



 

 

 

草野球チームを作る方法

まずは選手を集めよう!


草野球チームを作る方法ですが…

まずは人数を9人集めましょう!!笑


野球は9人でやるスポーツですから当然と言えば当然ですね。笑



集める方法は

  • 友達を誘う
  • 知り合いのツテを辿る
  • SNS・ホームページで集客する


などなど…

まぁ、最初は友達の集まりから始まることがほとんどですよね
(あるいは職場などですかね…?)


ただ、9人集めたところで毎回全員出席できるわけではありませんので

その辺も込みで12~13人集めておきたいですね!

ユニフォーム・道具を揃えよう!

続いて、チームを作る上で最も楽しいのが

「ユニフォーム作り」

ですね!


「やっぱりシンプルなデザインで」
「いやいや流行りの最先端を!」


メンバーの意見は様々飛び交うでしょう!
(僕らもなかなか揉めました。笑)

ちなみに、ユニフォームを作る上で参考になるのが
各、メーカーが提供している「ユニフォームシミュレーション」のサイト


ミ〇ノ・S〇K・ZE〇Tなどなど…

各大手メーカーのサイトをチェックすると
「ユニフォームシミュレーション」ができるサイトが準備されています!






僕らはグレー基調のユニフォームと
緑基調のユニフォームの2つ作りました!





同様に、キャッチャー防具・ヘルメット・バットも
個人持ちにするのかチーム共用にするのかを決定して


各種揃えていきましょう!

 

会費とルールも大事な決め事


メンバーを集め、晴れてチームとして活動する事になったら

まずはチームのルールと会費を決めましょう!

 

草野球を始めると意外と揉めるのがこの部分。

  • 大会に出たいけどお金が無い
  • 会費を払うやつと払わないやつがいる
  • 道具は誰が持って帰る?
  • 遅刻ばっかりするやつがいる
  • グラウンドの手配は?
  • 練習試合の段取りは誰がするの?



事務的な手続きやグラウンドの手配は
代表者がやるようになるかもしれません。


だけど、道具の持ち帰り・会費の支払い
時間通りに出席するなど…


チームとしてやるべきことは事前に決めておいた方が無難でしょう。



ちなみに僕たちのチームは

  • 会費 年間15000円
  • 道具の持ち帰りは当番制度
  • 遅刻したら「罰金1000円」


と言うルールが存在します。


「チームとして」活動する以上

毎回同じ人が道具を持って帰る

お金を払わないやつがいる

試合には遅刻する

運営に協力的でない




と、言ったメンバーがいるとチームはあっという間に崩壊に向かっていきます。


せっかく作ったチーム

1年も持たずに潰れてしまうなんてそんな悲しい事は起きてほしくありません。






どこまで本格的にやるのか?

どれだけ力を入れるのかによって変わってくると思いますが


チームとして徹底したいことはあらかじめ皆に宣言しておきましょう!

 

参加できる大会(オープン大会)


さぁ!

メンバーが集まり、ユニフォームも揃いました!

チームとしての決め事も決定しいよいよ大会に参戦です!



「どんな大会があるの?」


と、言うのがまず大きな疑問としてあるかもしれませんが
各都道府県のローカル大会は置いておいて

全国大会が開催される有名なオープン大会2つをご紹介しましょう!

PRIDEジャパン


PRIDEジャパン甲子園


と言えば、草野球をされている方ならピンとくる名前かもしれません!


ここ数年は、12月に甲子園球場で全国大会の試合を行うなど

「プロ野球本拠地での全国大会」

を行っているのがこのPRIDEジャパン



全国からトップクラスの実力を持つチームが参加し

それぞれ各都道府県・地区予選を勝ち抜いた強豪が全国大会で激突しますが


都道府県予選に関しては地元の球場で行われ
割と参加しやすい大会なんではないでしょうか?

MLBドリームカップ


草野球を海外で!

と、言うインパクト大のキャッチフレーズが特徴の

MLBドリームカップ!




文字通り、勝てば決勝の舞台はアメリカ。


2019年はサンディエゴ・パドレスの本拠地で行われ
本当に草野球を海外で行っていました!



ちなみに僕の友人は2018年の全国大会に出場

沖縄での決勝大会に駒を進めていました!

 

軟式野球連盟の大会


上記のようなオープン大会とは別に

全日本軟式野球連盟

が主催している大会がいくつか存在します。



オープン大会へは参加資格等はありませんが
連盟の大会には

  • 連盟登録チームであること

が、参加条件となります。

各大会

  • 1部
  • 2部

とクラス分けをされており

大会の種類としても

  • 国民体育大会(軟式野球・一般の部)
  • 天皇杯
  • 高松宮賜杯
  • 東日本軟式野球大会
  • 西日本軟式野球大会
  • 都市対抗軟式野球大会

などなど…


審判団も球場も本格的で

特に「国体」「天皇杯」に関しては

恐ろしいほどの実力を持ったチームが多数出場しています!

連盟にはどうやったら登録できる?


まずはあなたがお住いの市町村に軟式野球連盟の支部があるはずなので
そこへ問い合わせてみましょう!


ホームページや連絡先が分からない場合は
市の「スポーツ振興課」などに問い合わせてみるのもいいかもしれません。


そうすると

登録用紙を入手することができるはずです



必要事項を記載し、連盟登録料を支払い。

各支部によりますが、総会などの会議に出席し晴れて連盟登録完了となります!

 

楽しい草野球ライフを!


オープン大会に出よう!

連盟の登録して本格的にやろう!

楽しくわいわい、練習試合や紅白戦を楽しもう!

キャッチボールだけでも楽しいや!



草野球の良いところは
こんな風に様々な楽しみ方ができるところです。


ただ、大会に出れば嬉しい事や悔しい事を体験する事になります。


それがまた飲みの席での楽しい思い出になることは間違いないでしょう!





大会に参加するもよししないもよし



この記事があなたの素晴らしい草野球ライフの一助になれば幸いです!

-草野球チームを作ろう!

Copyright© 草野球で勝てるブログ! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.