勝てるピッチングテクニック

【軟式野球】ツーシームの効果的な使い方!投げ方や意外なメリットも!


ツーシームやワンシーム・カットボールと言った

細かく速く動く変化球

ツーシームの握り
種類は様々あります

 







ここ最近、MLBやNPBではやって数年たちますね!



草野球ガチ勢の方の中には、このような変化球を巧みに操るピッチャーがたくさんいますが


実際硬式ボールと軟式ボールの違いによる変化はあるのでしょうか?


本当にピッチャーにとって効果があるのか?


メリットやデメリットなど、気になる情報をまとめてみましたので一緒に見ていきたいと思います!


軟式野球でも効果あり!!「ツーシーム」は威力抜群!


硬式ボールと軟式ボール

違うけどツーシームなんて変化の小さいボールは効果があるの?



と、思っている草野球ピッチャーの方が多くいらっしゃるかもしれません



まず先に断言すると

間違いなく効果はあります!



なぜなら私が実際に投げ始めて

ピッチングの質が大きく向上したから。笑


上手く使いこなせば簡単に打ち取ることやファールでカウントを稼ぐ

球数を減らしながら省エネピッチングをすることも可能です!



効果的な使い方は?


そんなツーシームの効果的な使い方

ツーシームのポイント

ストレートと同じ腕の振りで投げる

ベルトよりも低めにコントロールする

しっかりとインコースに投げ切る


まず第一には「ストレートと同じ腕の振りで投げる!」

これが最も重要になります!



ツーシームは「ツーシームを投げること」がばれては全く意味がありません。

まずはストレートと同じくらい鋭く腕を振り下ろす。


そのうえで握りを変えて少しの変化を加えることが大切です。


第二に「ベルトよりも低めにコントロール」すること。


ストレートも高めに浮けば長打を食らう事は多々ありますが


それはツーシームも同様。


これまで何度も「中途半端なツーシーム」を高めに投げて痛打されることがありました…笑


投げるのならばボールは低め。


特に内野ゴロを狙うために投じる事の多いツーシームは、高め厳禁のボールの一つです。


さらにさらに、ツーシームはストレートよりも不規則な回転をするボールの為
低めに投げることができれば、より鋭く曲がります。


そう言った様々な効果を得るためにも
しっかりと低めに投げ込んでいきたいですね!




そして3つ目は「しっかりとインコースにコントロールする」こと。

ツーシームの主な役割として

  • ゴロを打たせること
  • ファールを打たせること

が主な目的となるはずです。


であれば、しっかりと詰まらせるためにもインコースへのコントロールは必須。



特に右投手であれば右打者のインコースに食い込むボール(左投手なら左打者のインコース)はぜひともマスターしたいボールですね!




なぜそんなにツーシームは効果があるのか?

見慣れないボールだから


草野球であれば基本的にはスライダー・カーブと言った変化球が鉄板だと思います。


実際、県大会などに進んでも「ツーシーム」を投げる投手はそれほど多くないように感じ


いざ、ツーシームを巧みに操る投手と対戦すると

「ちょっと打ちにくいなぁ…」

と、言う感想をいつも持ちます。

見慣れてないボールには手を出したくありませんし

打ち損じる可能性も高まります。


「他人が中々投げない」


そう言った意味でも、ツーシームの取得は効果的と言えるでしょう!

 

得意な人・わざわざ狙う人が少ない


どんな強豪校でも「ツーシーム」を打つ練習をしている高校や大学は少ないでしょう!


変化球を打つ練習と言えば「カーブ」が鉄板中の鉄板です!


実際、カーブを打つのが得意な選手はどのチームにも在籍していると思いますが

「俺、ツーシーム打つの得意なんだよね!」


と、言う選手はそんなに多くは無いでしょう…笑



そう言った意味でも、狙われにくいボールの一つとして効果的な球種であることは間違いありません!

 

ツーシームを使うメリットは?

球数を減らせる


この球種を使う最大の目的であり最大のメリットは

早いカウントで打ち取ることによって球数を減らせる


ことで間違いないですね!


パッと見はストレートに似ているこの球種。


何となく手を出してしまって内野ゴロ。


打ち頃のところからすっと曲がってファールにしてしまった


と、言う経験がある方もいると思いますが


こうする事でストライクカウントやアウトカウントを稼いでいく



気付けば今までよりも少ない球数で試合を終わらせることができた


と言う試合も多々経験しました!



ピッチングの幅が広がる


もう一つのメリットはこれ。


個人的にはこっちの恩恵の方が多かったように思います!

これまでの僕の持ち球はスライダーと縦のカーブ。


球速は120キロそこそこで、そんなレベルではスライダーを軸にした

「本格派」のスタイルではぼこぼこにされることが多かったように思います。笑


それから投げ始めたツーシーム。



インコースにコントロールできるようになってからは


面白いようにファールやゴロが稼げる


インコースを意識させたところにアウトコースのスライダー


これがまた効いてくる。



踏み込んで来たらインコースにまたツーシーム



と、ピッチングの左右の幅が明らかに広がりましたね!


これによって、ある程度レベルの上がった相手にもまともに勝負する事ができるようになりましたし


ピッチング自体がいままでよりもっと楽しくなりました!

 

軟式野球における「ツーシーム」まとめ

 

メモ

ツーシームに慣れてない人が多い軟式野球だからこそ効果的!

球数を抑えられ省エネピッチングにつながる!

ピッチングの幅が広がる

低め・インコースにきっちりコントロールする事!


この辺りが、ツーシームを使いこなす大事なポイントになります!



「最近伸び悩んでるなぁ」

「あのチームにいつも打たれるんだよね…」




と、お悩みの軟式野球投手の方。


しっかりとポイントを抑えつつ
新しいボールに「ツーシーム」はいかがでしょうか?




最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

-勝てるピッチングテクニック

Copyright© 草野球で勝てるブログ! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.