勝てるピッチングテクニック

【超初心者向け】草野球でピッチャーやりたいならこの練習!!

誰でも好きなポジションを守れるのが

草野球のいいところ。

 

そして、野球の花形と言えば「ピッチャー」

 

 

いざ登板させてもらったはいいけど

ストライクが入らずメンバーや相手チームからもひんしゅくを買い…

 

今回は、それでもピッチャーが諦められない

草野球超初心者ピッチャーの為の練習方法をご紹介しますので

 

ゆるっと見ていってください。

 

 

まずは、草野球のピッチャーの大原則から

えー。

まず草野球のピッチャーが務まる大原則ですが

 

ストライクが入る事。

 

これが大原則です。

 

 

勝ち負け一切関係なし

 

レベルも一切関係ない

 

ストライクが入らないと試合になりません。

 

 

あなたがもし、バッティングセンターのピッチングコーナーで

130キロを投げることができたとしても

ストライクが入らないなら絶対に草野球でもピッチャーとして立候補しないでください。

 

 

厳しい言い方ですが

ストライクが入らないと試合が一気につまらなくなります。

 

 

想像してください。

 

あなたが外野を守っていて

ピッチャーが連続で四死球を出す無駄な時間…

 

あなたが楽しみにしていた草野球で

打ちたかったせっかくの打席で

相手がノーコンピッチャー…

 

 

ストライクの入らないピッチャーは自チーム・相手チームにとって

百害あって一利なしです。

 

 

ストライクを取る為の練習

 

と、冒頭から厳しい事を言いましたが

野球は「投手が8割」とも言われてますし

 

案外的外れでもないでしょう。

 

で、ここからは

 

そうは言ってもやっぱりピッチャーをやりたい!!!

 

と、言われる方に

初歩的な練習方法からご紹介しますので

 

参考にしてみてください!!!

 

 

 

マウンドから投げよう!

まずは何はともあれこっからです。

 

いくら空き地で良いボールを投げても

壁当てで素晴らしいストレートを投げても

 

 

試合で投げるなら

 

傾斜のかかった18.44mで勝負しないといけません。

 

キャッチボールや壁当てで自己満足して

「ちょっと俺投げさせてよ!」

と、言うのは迷惑極まりないです。

 

 

まずは傾斜のあるマウンドで

そして18.44mと言うリアルな距離で安定して狙ったところに投げられる事。

 

最低でも平均して8割はストライクが取れる事。

 

 

これが最低条件です。

 

 

打者をつけて投げてみよう!

「俺はその距離でもストライク投げられるよ!!」

 

と、言ってる方はまだまだ甘いです。

 

 

試合では相手バッターがいて

プレッシャーがあって独特の雰囲気があります。

 

 

試合の雰囲気は練習で作り出すことは難しいですが

 

最低限「バッターに構えてもらって」投げることにも慣れておきましょう!

 

 

これはハイレベルな草野球でもよくあることですが

 

「俺、左バッター投げにくいんだよね…」

「右バッターが立つと、急にストライク投げやすくなるんだ!」

 

と、人それぞれクセがあるものです。

 

 

 

その癖を把握する事。

 

そもそも、自分の苦手を確認する意味も含めて

 

バッターをつけて投げる事にはしっかり慣れておきます。

 

 

当然距離は18.44mですよ!!!

 

 

まずはストレートでストライクを取ろう!

大魔神佐々木のようなフォーク

菅野のようなスライダー

岸のような縦に割れるカーブ

 

 

色んな変化球を投げたくなるのはわかりますが

 

責任を持ってマウンドに上がるなら

 

まずストレートでストライクを取ってください。

 

 

あなたが自己満足で投げた変化球は

試合全体をしらけさせます。

 

 

もちろん、ストライクが取れれば問題はないですが

ちょっと壁当てで感触が良かったから

ちょっと自信がある程度で簡単にボール球を投げられても

 

野手にしたら迷惑そのものなんです。

 

 

まずは

  • マウンド(18.44m)からストライクが取れる事
  • バッターを立たせて安定したボールが投げられる事

 

変化球はこれができてからです。

 

 

「抑えたい!!」気持ちは後回しですよ!

 

そして最後に

 

いざマウンドに上がれば

当然相手バッターを抑えたいと思います。

 

ただ、意識しすぎて力んでみたり感情を表に出してしまったり

 

 

気持が先走ることは良いことにはほとんどつながりません。

 

 

抑えるのはもっともっと先の話です。

 

まずはストライクを取って

 

相手チームも自チームも気持ちよくプレーする事。

 

レベルが上がってきたら

変化球を投げる事

抑えるためのコーナーワーク

 

この辺りを練習していきましょう。

 

 

 

広告

-勝てるピッチングテクニック

Copyright© 草野球で勝てるブログ! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.