勝てるメンタル作り!

草野球で活躍できる選手は〇〇を持たない!?捨てるべきものとは!?

毎回ジャージで集まる草野球はさておいて

 

草野球をある程度のレベルまでプレーすれば

 

ピッチャーの球速は130キロ以上、守備のレベルも上がり中々ヒットが出にくくなります。

そんな時によく聞かれるのが

高校の時なら打てたのに…

あれくらいのピッチャーそのうち打てるよ。

と、言ったコメント。

 

 

断言しておきます。

 

 

打てません。笑

 

別に僕は草野球のプロでもなんでもないですが

 

そう言う選手ほど活躍できないんです。

今回はその理由、そしてどんな選手が草野球で活躍できるのか?

僕の経験の中からいくつかのポイントを書き連ねてみたいと思います。

実績があるやつ程活躍できない

高校の時4番だったやつ

大学でベストナインとったやつ

うちのチームにも在籍してます。

入団当初言ってたのは

ゆーて草野球でしょ?

と、言うセリフ。

 

そして打席で自慢のフルスイング!!!

 

 

そして無残にも打球は強烈なスピンをかけて内野上空へ…

よくある光景ですね。笑

 

硬式経験者が軟式ボールを上手くとらえられないのは
軟式野球経験者ならあるあるなんですが

その理由が硬式経験者にはすぐにはわかりません。

 

そもそも硬式と軟式では打ち方が違います。

 

少しプレーすればその違いにも慣れてくるんですが

そこで邪魔になってくるのが

 

「自分のスイング」

 

 

と、言う魔物。笑

実力者であればあるほど、これまで作り上げてきた自分のスイングを崩したくなくなります。

 

 

ブレイクスルーのカギは「プライド」

「自分のスイング」

これを崩したくない理由。

それは

 

 

自分のプライド

 

 

 

以外にありません。

これまで何千・何万回と素振りを繰り返し

悔しい思いや嬉しい思いを経て作り上げた自分のスイング

それなりのレベルでやってきた自信もありますし
自分なりの理論や形があります。

 

そんなスイングをたかが草野球のために変えようとは思わないんですね。

 

だけど、草野球もレベルが上がれば「草」とは言えなくなります。

毎日練習をしている実業団チーム

 

MAX140キロを超えるストレートを投げる剛腕投手
(全国には150キロもいるそうです…)

 

甲子園経験者・元日本代表・元プロ野球選手などなど…

探せばいくらでも猛者はいます。

 

あなたが日本最高の打者でない限り

草野球の世界には必ず上が存在すると言っても過言ではありません。

そのプライドを捨てた時に

軟式野球プレーヤーとしての覚醒の時を迎えます。

 

草野球だからこそ謙虚に「当たり前」を確実に

野球はミスのスポーツ

 

とも言われていますね。

3割打てば1流

こんな言葉もあるくらい失敗がたくさんでるスポーツです。

ましてや週一回の草野球

運動不足のオヤジたち。

 

失敗のオンパレードになるのは間違いありません。

だからこそ「謙虚にプレーする事」

そして「当たり前の事を当たり前にすること」

あんなボールいつでも打てる

 

そんな気持ちだけ学生時代の考えを捨てて

そこまで大したボールじゃないけど、短く持ってしっかりとらえよう!

この方がよっぽよどいい成績が残ります。

「今週も多分打てるよ」
「まぁ、草野球だしな」

こんな思いは全部捨てて

家でしっかり素振りをしましょう!

当たり前のように謙虚に努力する

草野球の世界には必ず上がいます。

 

 

「草野球だからこの辺…」ではなく
「草野球なのにここまでやる」

 

草野球で全国大会!

 

を、目指すなら相手チームの想定は皆さんが思っている2ランクくらい上を想像した方がいいかもしれません。

 

本当に全国トップクラスの草野球チームの実力は半端じゃない物があります。
(その辺の高校なら負かしてしまうくらいの実力)

 

だから「草野球だし、こんなもんでいいんじゃない?」

 

こんな考え方に落とし穴が潜みます。

草野球だからこの辺で済ますのではなく

対戦相手の想定を2ランク上にあげて

 

「草野球で頂点を目指すからからこそ、ここまでやるんだ!」

 

と、言う感覚で取り組む方が間違いなく正しいと感じます。

これまで僕が対戦した相手には

甲子園出場者はもちろん

元プロ注目選手・硬式社会人元日本代表選手・某強豪校レギュラーなどなど…

数えきれないほどの有力選手と戦ってきました。

そして毎回打ちのめされてきました。…笑

それはそれで勉強になるんですが

そんな相手に活躍したい、勝ちたいと思うなら

 

「勉強させてもらった、まぁまぁ戦えた。」

 

と言ったくらいで満足していいはずがありません。

せっかく貴重な土曜日・日曜日の休みを削って参加する草野球。

どうせなら思い切り楽しんでいい思いでを残したいですよね。

その中で勝ちにこだわるのなら。

 

まずはプライドを捨てる。

 

これが一番大事なことかもしれません。

謙虚に戦い、格上相手に勝利する。

これに勝る喜びは無いでしょう。

この記事があなたの草野球ライフをより良いものにしていく助けとなれば幸いです!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

-勝てるメンタル作り!

Copyright© 草野球で勝てるブログ! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.