勝てるチーム作り

【草野球】勝利優先?楽しみ優先?チームの方針で悩んだ時に考えたい事。


「やるからには勝ちたいなぁ!」


「草野球でしょ?みんなで集まって飲むのが一番楽しいよね!」


「俺らは草野球じゃないから、軟式野球って言う競技で日本一目指してやってるから」




日本全国数万チームある軟式野球・草野球チーム。


日曜のお昼に河川敷でワイワイやってるチームから

本格的な野球場でMAX140キロに迫ろうかと言う剛速球投手が投げているようなチームまで


全て草野球チームになります。


僕らは軟式野球連盟1部に所属し

県大会優勝~全国大会出場を目指すいわゆる「ガチ勢」に分類されると思いますが



昔は

  • 試合には毎回遅刻者続出
  • 集合はジャージにスリッパ
  • 試合中にたばこを吸う

「THE・草野球チーム」でした!笑

そんな僕らがなぜここまで変わることができたのか?

「勝利優先?」「楽しみ優先?」で悩んでいる代表の方・もめているチームの方々に参考になればと思います!

 

長く続けると変わってくることもある


さっきも言った通り、僕らは最初から

全員がガチで全国大会を目指すようなチームではありませんでした。


楽しかったのはメンバーで行った飲み会やバーベキューなどの思い出ばかり。

2部初優勝
本当に弱そうですね…笑




流れが変わったのは、今現在のエースY投手が入団してきたこと。


友人同士のコネで入団してきたY投手


なんとMAX130キロ以上の剛速球を投げ込む凄まじい投手でした。笑



今まで勝てなかったライバルチームにも連戦連勝!


このY投手の入団で

いよいよ県大会が目の前に迫ってきました。



勇気を持って本音で話し合う


この時から

もっと厳しく指摘しあって「勝てるチームを作ろう!」

今まで通り、勝ち負けにこだわらない草野球をやろうよ!


と、言う2つの派閥が徐々にできてきます。



もちろん首脳陣(監督・キャプテン)や最近入団した選手
上手いやつは勝てるチームを目指しますし


昔から在籍するメンバーや実力がいまいちなメンバーは
今まで通りを希望しました。


これによって僕は

「勝てるチーム」にするか「楽しいままのチームにするか」

決断を迫られることになります。


「0」からやり直す覚悟がありますか?

今の結果を見てもわかる通り

僕は「勝てるチーム」を目指すことにしました。


そのためには今まで在籍していたメンバーと話し合わないといけません。



当然、最初は反発されました。

「じゃあ俺やめるわ。」
「お前だけのチームじゃないんだから勝手に決めんなよ」





こんなメンバーがいたのも事実です。


この時は本当に悩みました。

でも言ってしまった手前、もう引っ込みもつかない。


どうしたものか。


その時にふと思ったんです。



いっそのこと、0からやり直してもいいかもな…

「辞めるやつは辞める」「残るやつは残る」


別に人を選んだわけではありません。

ただ、現状維持を希望する選手のほとんどは

普段から出席しなかったり来てもふざけている選手ばかりでした。

弱かった頃から、下手な選手が多かった頃から

遅刻せずに一生懸命出席する選手と何でも適当にする選手はいました。


そんな、下手でもいつも出席してくれて一生懸命な選手は

「いいね!全国大会面白そうじゃん!」


と、すぐ賛同してくれました。


その選手は今でも試合に出ています。


結局、草野球をプレーする理由は「野球が楽しいから」に他なりません。



会費を払って道具は自腹で休みを削ってやってるんだから

当たり前と言えば当たり前ですね。



だから人が草野球をやめる時は

「面白くない!」

ボーダーラインを超えた時だと思うんです。




その時に辞めたメンバーは

本気でやることが「面白くない!」ボーダーラインだったんでしょう。



逆にガチで草野球をやりたいメンバーにとっては

「勝ち負けは二の次!楽しい草野球」が
面白くないボーダーラインでしょうね。



だから、どっちを選んでも「辞めるやつは辞める」し「残るやつは残ります」


勝てるチームを選んだことで


予想外の選手が辞めていきましたし
予想外の選手が残って頑張ってくれました。


人の気持ちはわかりません。



ただ、気持ちの中で「チームの為に」「メンバーの為に」
と言う気持さえ忘れなければ全部崩壊してしまう事はないと思います。

 

 

「草野球」は全部正解だからおもしろい!


ここまでつらつらと書いてきましたが

僕はなんとかチームの方針をまとめて

地区大会優勝まで駆け抜けることができましたし

現在も全国大会を目指してみんなで活動しています!

地区大会優勝時
見違えるようなチームになりました


でもここで再確認しておきたいのが

どの草野球チームのスタイルも正解だ

と、言う事。


「草野球楽しむ派」の人からすれば

ガッチガチにプレーしているチームを見ると


なんでそこまで本気になってやってんの。笑

と、思われることもあるでしょう。




逆に「草野球ガチ勢」のチームからすると

そんな野球で楽しいのかよ?

と、思う事もかるかもしれません。

でもどっちも正解なんです。


だから軟式野球連盟には

  • 1部
  • 2部
  • 3部
  • 4部

と言うランクが準備されていますし

それに応じた大会も開催されています。



どのクラスでどんな成績を目指すのか

それは100チームあったら100通りですよね。



全部正解なんです。


唯一不正解があるとすれば

「野球が楽しくない事」

ガチ勢の人からすればお楽しみ草野球は楽しくないでしょう。


楽しむ派の人からすればガッチガチの野球は楽しくないはずです。

だからチームの方針に迷ったら。



どのレベルでどんな成績をめざすのか?

それを決めてしまいましょう。



そして、正直に勇気を持ってメンバーと話し合ってみましょう!

全員が全員納得する答えは出ないかもしれませんが


それでも、話し合う事で近づいていけることもあります。

ポイント

どのクラスで活動するかを決める

どんな成績を目指すかを決める

決めたことを一度メンバー全員で話してみる

最後は「代表者」が決断する

この事を考えながら

最後は「辞めるやつは辞める」「残るやつは残る」事を意識しましょう。


どちらを選んでも後悔します。

ならその決断には後悔がないようにしましょう!

あなたのチームが少しでも前に進む助けになればと思います。

 

-勝てるチーム作り

Copyright© 草野球で勝てるブログ! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.